カテゴリー別アーカイブ: スタービーチ

セフレアプリ

 最近ではセックスに不自由しなくなったのですが、これはみんなセフレアプリのおかげだと思っています。
30歳の独身サラリーマン、仕事も忙しいことからお付き合いするような女性との出会いもありませんでしたから、性欲はかなり溜め込んでいました。
それでセフレアプリをスマホにインストールして利用するようになったのですが、実際に利用してみたらその場限りの出会いの多さに驚いてしまいました。
試しにアプローチしていくと、女性は簡単に肉体の門を開いてくれましたから、気軽にセックスを楽しめるようになっていったのです。

今回は初めてセフレアプリで知り合ってセックスした時の話をさせてもらおうと思います。
あれほど女日照りの続いていた自分にも、運が巡ってきた瞬間だったと思っています。

セフレアプリでやりとりはじめたのは26歳の保育士をしているというマキちゃんでした。
日頃子供の相手をしている女性というだけで、神聖な雰囲気を感じてしまいドキドキでした。
マキちゃんは彼氏もいなく、職場と家の往復ばかりで不満を持っていたようでした。
その場だけの関係でフラストレーションをクリアしたいという気持ちがあったようで、話も早めにまとまり待ち合わせとなりました。
可愛らしい顔立ちにスリムな体型のマキちゃん、胸はC程度でしたけどとても形の良い乳房をしていました。
硬くなった乳首を夢中で舐めていき、オマンコに手を当てて刺激続けました。
びっちょり濡れたオマンコは早くもに公方を欲しがっていて、ゴムも付けないで侵入させズッコンバッコンと責め続けいきました。
とても簡単に挿入できて、気持ちのよい射精もタップリとしていったのです。
セフレアプリって本当に自分にとってなくてはならない存在になってしまいました。
パパ募集
パパ募集

ロストバージン

俺にロストバージンをくれたのが24歳のOLでした。
彼女は決して美人じゃないけど、かといってブスでもないという普通な感じの顔つきの女性でした。
太っているわけでもありませんし、スタイルとしてはかなりいい方だとは思いますが、経験を持って行きなかったのです。
随分と奥手な雰囲気があったし、受け身の性格のようで、男性ウケはイマイチのタイプのようでした。
彼女は初めての経験をしたいと、出会い系サイト利用してるところをメールして知り合ったのです。
処女であると言うこと聞いて、28歳の俺のハートは一気に燃え上がっていきました。

 メール交換を続けて、彼女のロストバージンを頂くことに話もまとまっていき、待ち合わせすることになっていったのです。
本当におとなしいというイメージのOLさん、うつむき加減で挨拶をしてきました。
可もなく不可もなくといったルックスでしたけど、肉体的にも美味しそうだったし、なんといっても処女と言うことで意気揚々としてラブホテルに向かっていきました。

 ロストバージンの彼女、かなりの緊張気味のようでしたけれど、俺が触っていくと素直に受け入れてくれたんです。
熱いキスを交わしてから、彼女のオッパイを触り、太腿を弄り、スカートをまくり上げていきました。
見た目と違って、セクシー系のパンツをはいていて、陰毛が透けて見えた時なんか、興奮度がさらにアップしてしまいました。
服を脱がせ、たっぷりと愛撫をしてあげてから、ペニスを出して彼女にしゃぶらせてやったんです。
とってもおいしそうに口の中でペロペロとしてくれるし、オマンコも大量にマン汁を溢れさせてくれるし、感じてくれていて嬉しくなりました。
初挿入の時は顔をゆがめて痛がっていましたけど、構わずにオマンコの中でコチコチのペニスをズボズボ続けてあげました。
さすがにきついオマンコの穴で動かすと、5分も持たないで絶頂に達してしまいました。
彼女のロストバージンでとても気持ちの良い射精も出来たし、美味しい出会いになりました。
筆おろし
筆おろし

25歳独身女性営業職のスタービーチ日記

5年付き合った彼氏に振られ、寂しさから当時流行っていたスタービーチというサイトを利用して寂しさを埋めてくれる相手を探していました。
女というだけで、物凄い数のメールがきて勘違いしてしまいそうになります。
律儀に写メを付けてくる人も多く、選び放題でした。

何人か格好良さそうな人にメールをして、メールのやりとりをし、どんどん人数を減らしていき最後には一番気の合いそうな人一人に絞り込み、会う約束をしました。

写メ通り素敵な人でした。
サイトでも、こんなに格好良い人に会えるなんてと驚きました。
ただ一つ、彼には彼女がいました。
寂しさを紛らわせるなら関係ないって思いました。
会ったその日、カラオケへ行きホテルへ行きました。

私は、帰った時から、もう彼に夢中になっていました。
また会いたい、そう思っていました。
浮気相手のセフレでも構わない、と思いました。

それからは、彼から連絡が入ると、いつ何時でもすぐに会いに行きました。
ホテル以外には行きません。
セフレが彼女に見つかるといけないから。
彼は私の顔と体が好きだと言い、たくさん私の写真を撮りました。
それが何だかすごく嬉しかったです。

会いたくなって私から連絡をしても、大抵断られました。
完全にセフレなんですよね。
都合の良い女です。

好きになって辛かったから、私は気を紛らわそうと、また同じサイトを利用していました。
またすごい数のメール。
そしてまた会いました。
今度は数人掛け持ちで、それぞれ別の日に。

セフレが何人も出来ました。
おかげで、前の彼は忘れることが出来ました。
その中の一人とお付き合いをしてみましたが、お互いに出会い系のサイトが辞められず、結局駄目になってしまいましたね。
楽チンな関係が一番です。